頭痛薬のカフェイン含有量

頭痛薬のカフェインの含有量

頭痛薬の100mlあたりのカフェイン量は1錠あたり「40mg」です。

これは量が多いです!

健康的な成人の方は、用法容量を守り服用しましょう。

妊婦の方は、必ず医師と相談してから服用するようにしましょう。

子供の場合は、15歳未満は服用禁止で15歳以上は用法容量を守り服用するようにしましょう。

「多い、ふつう、少ないの基準」「平均カフェイン量の算出方法」「飲んで良い量」について

カフェインが子供に与える影響について

カフェインが妊婦に与える影響について

頭痛薬の商品ごとのカフェイン量

項目名 数値
カフェインの量 多い
1錠あたりのカフェイン量 40mg
妊婦が飲んで良い量 服用する際は医師と要相談。
子供が飲んで良い量 用法容量を守り服用。

※15歳未満は服用禁止。

項目名 数値
カフェインの量 多い
1錠あたりのカフェイン量 40mg
妊婦が飲んで良い量 服用する際は医師と要相談。
子供が飲んで良い量 用法容量を守り服用。

※15歳未満は服用禁止。

項目名 数値
カフェインの量 多い
1錠あたりのカフェイン量 40mg
妊婦が飲んで良い量 服用する際は医師と要相談。
子供が飲んで良い量 用法容量を守り服用。

※15歳未満は服用禁止。

項目名 数値
カフェインの量 多い
1錠あたりのカフェイン量 40mg
妊婦が飲んで良い量 服用する際は医師と要相談。
子供が飲んで良い量 用法容量を守り服用。

※15歳未満は服用禁止。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です